そばの豆知識 | 出雲から取り寄せたそば粉を使用。創業当時から変わらぬこだわり自家製麺|いづも庵

ブログ

そばの豆知識

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

インフルエンザ・コロナウィルスが流行っておりますので、どうかご自愛くださいませ。

出雲から取り寄せたそば粉を使用し、創業当時から変わらぬこだわり自家製麺を提供している「いづも庵」です。

 

そばが麺になったのは、戦国時代!?

現在では「そば」といえば、麺状になっていて、ザルや盛り、かけそば、汁そば、など様々なそばを連想すると思います。


しかし、そばは最初、粒で食べられていました。


お米のように炊いて粒々の状態で食べるのが主流であったようです。


その後も、調理法が工夫されて、そばを粉として使っていても「そばがき」がせいぜいで、単純な調理法で食されていました。


鎌倉時代あたりの文献で「索麺(そうめんの原型)」が現れ、15世紀に「切麦(うどんの原型)」が現れます。


このように麺が流行ってくると、粒食やそばがきで食べていたそばの実を麺状に工夫する職人が現れはじめ、戦国時代から江戸時代にかけてそばが研究されるようになったようです。


1574年の文献ではじめて「そば切り」という表現で、現在おなじみの麺状のそばが登場するそうです。

 

いづも庵のこだわりの麺をどうぞご賞味ください!

 

何か気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください!
みなさまからのお問い合わせお待ちしております♪

 

 

 

いづも庵
〒669-3461
兵庫県丹波市氷上町市辺361-1
TEL:0795-82-4073
【営業時間】
平日 AM11:00~PM21:30(ラストオーダー21:00)
土日祝 AM11:00~PM21:30(ラストオーダー21:00)
【定休日】毎週木曜日
メールでのお問い合わせは コチラ

2020.03.25

gotop